不動産投資をするなら

不動産投資をするなら知ろう

利回りの高い物件で不動産投資を

不動産投資が人気になってきています。サラリーマンなどが副業として実施するケースが増えてくるなど、あまり手間をかけずに成果を享受することができる手法として注目が集まっています。不動産を活用した経営を考える際には、物件から得られる収益と費用の割合から算出される利回りを考慮することが重要です。ここでいう利回りとは、実際に投資をしている中で発生するすべての収益と費用を考慮した実質のものを考えるべきです。不動産経営にはいろんな費用が発生しています。それらをすべて算出して、きちんと収益管理をする必要があります。

株式投資の利回りについて

株式投資をするにあたっては、その利回りを指標にするという方法があります。すなわち、銀行預金であれば、その年利が何パーセントであるのかが一つの尺度になるわけですが、株式の場合には、その年間にもらえる配当金の合計が、どのくらいの利回りになるのかということが、株式投資の一つの尺度になっているということです。ただし、株式の場合には銀行預金と違って、元本の価額である株価そのものが変動することになりますから、銀行預金のように元本が保証されていて、絶対に損をしないということは保証できませんので、注意が必要です。

↑PAGE TOP